HOME ブランドサイト ゴーフルとは

ゴーフルとは

About Gaufres

世代を超えて
愛され続けるゴーフル

1929 ゴーフル誕生

1929年(昭和4年)、風月堂一門によって開発された「ゴーフル」。砂糖を多く使った甘みの強い和菓子が上菓子とされていた時代に、サックリとした食感で口どけが良く上品な甘さの「ゴーフル」の登場は、新鮮な驚きをもって世の中に迎え入れられ、大変な好評を博しました。

「カルルス煎餅」から「ゴーフル」へ

風月堂では、明治の初期から2枚の鉄板で生地を挟んで焼く「はさみ焼」技法を使った「カルルス煎餅」が販売されていました。この「カルルス煎餅」の技法を活かし、「ゴーフル」の開発が当時の風月堂一門の工場でなされたのです。

戦前の上野風月堂の菓子工場。
左端の職人がゴーフルのウエハースを手で焼いている。

手焼きゴーフルの型

「変化を愉しみ、文化を創る」上野風月堂の挑戦

ご年配の方からお子様まで、日本中の方々に愛され続ける銘菓「ゴーフル」。上野風月堂では、その変わらぬ美味しさを守りながら、新しい挑戦を続けています。パッケージリニューアルもそのひとつ。常に変化を捉え、時代に即した新鮮なデザインをお客様にお届けしています。

戦前の上野風月堂のリーフレット

戦後の上野風月堂のリーフレット

また、「ゴーフル」で培われた伝統の「はさみ焼」技法を活かし、江戸っ子企業が発信する新しい東京土産として「東京カラメリゼ」を開発。「ゴーフル」とはまたひと味違った美味しさで好評を博しています。

創業270周年の上野風月堂本店リニューアルを機に開発されたのが、モチモチの食感の「ゴーフレーシュ」。店頭で職人が一枚一枚「はさみ焼」で皮を焼き、フレッシュなクリームを挟んでお作りしています。こちらは上野風月堂本店でしか食べられない味として人気です。

東京カラメリゼ

ゴーフレーシュ

※現在は、コロナウイルス感染拡大防止のため、イートインをお休みしております。